<スポンサードリンク>

2011年04月05日

不妊検査の卵管通水・通気検査

不妊検査の卵管通水・通気検査ですが、この検査によって耐えがたい痛みが起こる場合は遠慮することなく医師に伝えるようにしましょう。
さらに詳しい、卵管の検査には造影剤を使った卵管造影という検査もあります。

不妊検査のフーナーテストで女性が精子抗体を持っていると、精子の動きが封じられてしまい子宮内に入っていけなかったり、入っていけても受精できなかったりする可能性があり不妊になります。
この卵管通水・通気検査は、不妊治療で卵管の詰まりが不妊の原因ではないかと疑われる時に行なわれる検査です。
卵管の癒着が軽度のものであれば、卵管通気・通水を数回くり返して受けることで卵管の癒着状態が改善されるようです。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

また、このような頸管粘液の分泌不良も不妊の原因となり、頸管粘液が十分に分泌されていないと精子がスムーズに子宮の中に入っていくことができずに妊娠が成立しません。

不妊で治療をしている女性の数%に抗精子抗体が見つかるということから、フーナーテストの結果が毎回悪い場合には血液検査をしてみるといいでしょう。


・・・・
posted by PREGNA at 08:49| 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。