<スポンサードリンク>

2011年04月05日

不妊検査のフーナーテスト

不妊検査のフーナーテストで、多数の精子が活発に動いている様子が認められた場合には問題なしとなりますが、精子の進入が認められた場合でも頸管粘液の中で精子の運動率が悪い場合には何らかの問題があると考えられます。

また、卵管の癒着部位や状態をより詳しく知るために、不妊治療で行なわれる検査に造影剤を使った子宮卵管造影というものがあります。
不妊の検査の子宮卵管造影は、子宮口から小さい風船状のチューブ(バルーン)を挿入し、造影剤を注入して時間間隔をあけながらレントゲンを撮影していきます。
卵管の詰まりが不妊の原因であった場合、卵管が詰まっている部分より先には造影剤は注入されないのでレントゲンには写ってこず、癒着があるということがわかります。
不妊の原因となるような癒着があった場合でも、軽いものであれば子宮卵管造影検査を行なった際にはがれてしまうということもあります。
また、子宮卵管造影検査を行なった後の3ヶ月位は妊娠の確立が上がるといわれています。

それと、フーナーテストの結果が思わしくなかった場合でも、2〜3回受けてみてそのうちの1回でも良い結果が出れば心配はいらないようです。


////////

<スポンサードリンク>



posted by PREGNA at 08:46| 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。